IPSエッセンスジェル(昼用美容液)の使い方

美しさの秘訣IPSコスメティックスのIPSエッセンスジェルは、日中肌が受ける
ダメージの軽減させ、小ジワやたるみなどの年齢サインを
カバーしてくれて、肌の内面から輝くような若々しさも
キープ可能な美容液です。

IPSコスメティックスのIPSエッセンシャルジェルの成分は、
独自の複合成分AOC6をはじめ、アシタバエキス、ホホバ葉エキスなどの
植物抽出成分が配合されています。

昼用美容液の効果
使い方は簡単で、洗顔後に少しなじませるだけで、
透明なバリアのように肌を包み込み、日中に起こる
様々なダメージから肌を守ってくれます。

IPSコスメティックスのIPSエッセンスジェルの使い方は
まず朝の洗顔後3プッシュを手に取ります。
さらに3プッシュほどを顔から首、デコルテまでパッティングしてなじませて終了です。


朝、IPSエッセンスジェルを3プッシュと3プッシュだけで、日中の気になる紫外線や
大気汚染といったダメージを簡単にブロックする事が可能です。 夜用コスメについて

大気汚染物質「PM2.5」の発生源と健康被害

大気汚染物質の「PM2.5」は、様々な健康被害を招くことでも有名です。名前は聞いたことがあるけれど
詳細な情報を知らないという人は多いので、発生源や起こり得る問題を確認しておくことが大切だと言えます。

これは大気中に浮遊している直径2.5μm以下の非常に小さな粒子であり、様々な場所から発生するものです。
ボイラーや焼却炉などのばい煙を発生させる施設、鉱物の堆積場のような粉塵が発生する場所では
多くのPM2.5が発生しやすいと言えます。

しかしながら、これ以外にも自動車や船舶、航空機から発生することもありますし、喫煙や調理、
ストーブなどの使用によって発生することもあると理解しておかなければなりません。

更に、何もしなくても土壌や海洋、火山の噴煙など自然由来のPM2.5が発生することもあります。

また、燃料の燃焼によって排出された硫黄酸化物や窒素酸化物、溶剤の塗料や工場などから出た
揮発性有機化合物が、大気中で光やオゾンと反応することでも生成されるでしょう。

非常に小さな粒子であるため、肺の奥深くまで入り込みやすいという問題があります。
肺の奥まで入り込むと喘息や気管支炎など、呼吸器系疾患や循環器系疾患を引き起こす可能性が高くなるので危険です。

特に、もともと呼吸器系や循環器系が弱い人、お年寄りや子供は被害を受けやすい傾向があります。

日本国内では、工場や事業所の規制や自動車排出ガスの規制などによって年間の平均濃度は
減少傾向にありますが、それでも健康被害が生じる濃度のPM2.5が発生してしまう時期も少なくないです。

季節や地域によって濃度は変わってきますが、身体に悪い影響が出るほどのPM2.5が
発生しやすい場所もあるので、自治体からの注意喚起があったときには
不要不急の外出を控えるなどの対策をとる必要があります。

体質や持病で喘息などの疾患を起こしやすい場合は、自治体からの注意喚起がないときでも
被害を受けてしまう可能性があるので、自ら情報収集をして対策をとることが大切です。

PM2.5が発生しているときは吸入しないように長時間の運動や激しい運動を避ける、
外出する際は必ずマスクを着用することなどが重要だと言えます。

屋内にいる場合は安心だと思うかもしれませんが、換気や窓の開閉によって
室内に入り込む可能性があるので、これらを控えるなどの対策を講じておく必要があるでしょう。

発生源や健康被害、防ぎ方などを知ることで適切に対処できるようにしておくべきです。

身近な大気汚染!タバコの受動喫煙による肌トラブル

美容意識の高い人はスモーカーズフェイスという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、
これはタバコによって老け顔になってしまうことを指しています。

喫煙すると健康被害が生じやすくなりますが、それだけではなく美容にまで悪い影響を与えてしまうことを知っておきましょう。

皮膚が老化する原因には加齢がありますが、外的な要因は紫外線以外にタバコもあげることができます。
自分では吸っていないから安心だと思っていても、身近な人の喫煙で影響を受けている可能性もあるので要注意です。

タバコの影響を受けると上まぶたが下がったり下まぶたがたるんだりするだけではなく、
目の下にクマができたり深いほうれい線が目立つようになります。

その他にも全体的なシワやたるみ、色素沈着や血色の悪さ、やつれや歯肉の黒ずみが起こりやすくなるでしょう。

海外では喫煙者と非喫煙者の双子の顔の違いを調査したという研究があります。
この研究結果としては、タバコを吸い続けたほうは若々しさが失われた見た目になっているという報告がされており、
悪い影響を与えていることがよく分かるはずです。

様々な肌トラブルが起こってしまい、年齢よりも老けて見えるようになってしまうので、
日頃からタバコの影響を受けないようにしておくことが大切だと言えます。

喫煙するとニコチンによって血管の収縮や酸素不足、皮膚の代謝の低下や
女性ホルモン分泌量の低下が引き起こされるので、潤いやハリのない肌になるというわけです。

活性酸素と呼ばれる老化の原因となる物質も発生しやすくなるので、組織が破壊されてシワができやすくなります。

他にも活性酸素の除去にビタミンCが使われるのでこれが不足してしまう、
タールで肌の黒ずみなどが起こってしまうという問題があることを知っておきましょう。

自分でタバコを吸っていなくても、受動喫煙によって有害物質を身体に取り込んでしまうケースも多いです。
家族やパートナーが吸っている場合は、禁煙をすすめたり別の場所で吸ってもらったりすることが大切だと言えます。

近頃は公共の場で喫煙できる場所が減っていますが、きちんと分煙されていない飲食店などもあるので注意が必要です。

大気汚染と聞くと自動車や工場が排出した物質によるものだと思われがちですが、
身近な大気汚染にはタバコによる汚染も含まれます。

意識して避けるようにしておかなければ、知らず知らずのうちに有害な成分を
たくさん吸引してしまい、老け顔になってしまう可能性があるので注意するべきです。

肌の老化防止にも!紫外線はUVケアでしっかり対策!

肌の老化の原因は、昔は加齢がいちばんだと考えられていました。
しかし最近では加齢以上に光老化が最たる原因であり、その根本の原因として
紫外線が大きな存在であると言うことが明らかにされています。

これにより活性酸素が大幅に増加し、それによって肌細胞に
深いダメージが与えられてしまう、と言うのが主なメカニズムです。

ですから肌老化を予防するためには、年間を通じてこれを予防することが必須です。
UVケアには日焼け止めの使用が効果的ですが、そこに表示されている
その防御力の強さを示す数値は様々です。

紫外線にはA波とB波があるのですが、この内、肌深くまで到達する
A波に対する防御力はPAの後にプラスマークがつくことで表示されています。

2013年 1月まではプラスマーク3つが最高でした。
ですがA波の肌に対する影響力の大きさが明らかになってからは、より確実に防御できるようにと
「PA++++」(フォープラス)と言う数値が最高値として表示されるようになったと言う経緯があります。

夏場や、長時間、野外で活動をする時などは、できるだけこの数値のものを使用して
肌をしっかりと防御することが望ましいです。

肌が受けているダメージ

私たちの肌というのは様々なダメージに晒されています。
それをその日のうちに回復する。それが肌には重要なのです。

IPSエッセンスジェルは、IPSコスメティックスのエッセンス、コンディショニングバーなどを組み合わせる事で
朝だけではなく、夜のベーシックケア、パック、ピーリングなどもまとめて行えます。
朝だけではなく、夜、そして気になる日にも使っておきたいという方は、
IPSコスメティックスの商品をまとめてご利用されると良いでしょう。

同じ製品で複数のケアが可能

ホーム

アイ・ピー・エス化粧品の選び方

肌を様々なダメージから守る

エイジレスな肌を目指す「IPSコスメティックス」

IPSコンディショニングバー(化粧石鹸)

IPSコスメティックスの美容液

王妃マリーアントワネットが死刑宣告

「アポクリン腺」と「エクリン腺」

オーガニックコスメ

IPS シャンプーを使う

IPSコスメティックスのサプリメント

複合成分AOC10、オウゴン根エキス

IPSコスメティックスコンディショニングバー

日焼け止めSPF50+PA++++

ヤフオク!でも販売

IPSコスメティックスの販売員から購入

肌の清潔と健康のために

最近話題のIPSコスメティックス

IPSモイストナイトクリーム

マリンコラーゲン配合

基本的な使い方

副業としても人気なipsコスメティックス

セミナーで商品に詳しくなれる

sitemap